読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリアコンサルタント学習ノート

キャリアコンサルタントの学習記録

逐語録からわかること

f:id:amq87:20170523084941j:plain日曜日のロープレを逐語録に落とすということをやっています。

音声を聴き、タイピングしという作業の繰り返しは、なかなか時間がかかります。

正確に発話を拾おうとするとどうしても細切れの作業になってきます。

慣れた作業ではないので、ホント、コツを模索しながらやっている感じです。


昨日は、一度通しで最後まで聴いて、それから文字起こしを始めたのですが、冒頭五分で1時間以上かかり、疲れていることもあって、そこで切り上げました。

その範囲でも、結構気づくことがありました。自分では意識したことがなく、意外だったんですが、「なるほど」が多い。また、それと関連してあいづちのバリエーションが少ない。そんな自分のクセにあらためて気づきました。

前の記事にも書きましたが、やはり、今回は展開に問題があったと痛感しました。

質問が多く、そのぶん、私がしゃべっている時間も多い。

これ、なぜかというと、クライエントに自由に語ってもらえてないからだと思います。

なので、なかなか、具体的な話に広がっていない。

それは、やはり、冒頭2分の展開がまずいから。


CC1 キャリアコンサルタントの〇〇です。

      今日はどうぞよろしくお願いします。

CL2  田中です。よろしくお願いします。

CC3 田中さんですね、はい、今日はどのようなご相談でみえられたんでしょうか?

CC4 実はですね、まあ、2週間前に会社から事業再編、いわゆるリストラですね、発表がありまして、おそらく自分はその対象になるんじゃないかと思ってですね、まあ、会社辞めたくないんですけど、今のうちにいろいろ考えたほうがいいなあと思い、キャリアコンサルタントの方に相談すれば何かヒントがもらえるんじゃないかということで

CC5 はあ、2週間前に会社から事業再編の発表があった、その対象に自分はなるんじゃないかと思ってらっしゃる

CL6 ええ、具体的な中身はまだ発表されてないんですが、対象になるだろうと思ってるんですね

CC7 なるほど、ふうん、なるほど、それで、なぜご自身では対象になるだろうと思ってらっしゃるんですか?


今思うと、この冒頭のやりとりで、2点ミスをしていることに気づきました。

ひとつは、CC 7で、早くもクライエントの名前を忘れてる。

ふたつめは、CC 7で質問に入っているが、ここはクライエントの来談目的の後半を返すべきところです。

「それで、田中さんとしは会社を辞めたくはないんだが、具体的な話が決まってしまう前に、今後どうしていくかを相談したい、と」

この後半部分の返しが入ると、「もう少し詳しくお話しいただいてよろしいですか?」とクライエントに語りを促すことは容易だったはずです。あるいはこのクライエントであれば、こちらが促す必要もなく、話始めたかもしれません。

CC 7の質問はクライエントではなく、コンサルタント視点の質問です。そのため、このあとの展開がコンサルタント視点で続いていくのです。コンサルタント視点での展開は五分持たないんですね。質問することに注意がいくので、クライエントの話を聴くのもままならなくなる。

来談目的はきちんと伝え返す、クライエントの名前は忘れない。この2点が冒頭にできているかどうか。そこで、その後の展開がまったく違ってくると、あらためて再確認しました。


昨日のロープレの反省点

f:id:amq87:20170522125025j:plainクライエントに存分に話してもらい、要約しながら要点を整理していくということをいつもやってはいるものの、昨日のロープレではやけに進行が早く、目標設定と方策を検討するところまで進んでしまいました。途中、違和感があったのですが、それがなんなのかよく分からませんでした。

フィードバックのときに指摘していただき、その違和感の正体がようやくわかりました。

ひとつは来談目的でひとつ聴き落としたことと、クライエントの話の内容がことがらばかりで、感情・気持ちを聴いてなかったんですね。

クライエントが話したことを要約し、そのまま、ではと目標設定に進めようとしたのですが、その段階で、私、何か聞き漏らしてないでしょうかとクライエントに確認してもよかったし、ことがらと気持ちのバランスをチェックするべきでした。

確かに焦りはありました。クライエントの名前を忘れてしまったんです。ご自身はという言葉でごまかしましたが、焦りは隠さず、目標設定として質問をどんどん進めてしまいました。

クライエントの名前はわすれるわ、来談目的を芯で捉えていないわ、そうした焦りによって、結局、目標設定じたいもグダグダでした。

面接は出たとこ勝負で、ナマモノだなぁと感じます。微妙なところで外してしまうことがありえます。ただ、今回の失点は、意識しなくても押さえておかないといけないことでした。

よかったのは、試験本番前に自分の弱点を再認識できたことでしょう。きちんと逐語に落として、反省点をまとめておきたいと思います。

今日のロープレで学んだこと

f:id:amq87:20170521201618j:plain

今日は、先々週に続き、キャリアコンサルタント試験前の実技面接対策です。

クラス7名のロープレとその検討を1日かけてやりました。

今回は録音できたので、きちんと逐語録に落としておきます。

取り急ぎ、気づいたことを書いておきます。

・前回とガラッと変わったひとがいました。前回はどちらかというと、クライエントより先へ先へ話を進めようとしがちの印象だったひとが、見事にクライエントに寄り添う相談に変わっていました。面接は実技なのでこのような変化はおきるんですね。聞けば、日々の会話で、練習していたとのこと。この姿勢を見習いたい

・間を大事にする。この威力は絶大。下手に話をつなげようと焦るよりも、間をとって、ゆっくりとクライエントの発話を待つ。もちろん、クライエントが話したいという気持ちになっていないとまずいけど。

・質問したら、必ずクライエントの返答を伝え返すこと。クライエントの返答を放置しないこと

・おかしいなと思ったら、自分が理解している範囲で構わないので、いまお話しされていることはこういうはなしでしたっけ?とクライエントに確認すること。それで、いつでも軌道修正できる。

・来談目的は漏らさず伝え返し、絶対忘れないこと。

・クライエントの名前は、絶対忘れないこと。

・クライエントがいま持っている気持ちには必ず理由がある。逆に、クライエントが語る出来事にはそれに対するクライエントの気持ちがある。


まだまだ2週間あります。


Boaに学ぶカウンセリング

f:id:amq87:20170519221435j:plain


LISTEN TO MY HEART.

LOOKING FOR YOUR DREAM.


時を超えるたびに気づくね

心は果てしなくて


カウンセリングって、こういうことじゃないだろうか? とふっと日常のなかにあったりします。

ひとそれぞれだとは思いますが、わたしにとって、そのひとつがBoa


上に書いた歌詞の一節は、まさにカウンセラーのクライエントと対話しているときの働きを表現していると思います。


クライエントと対面しているとき、カウンセラーはクライエントに対していろんな気持ちや考えが浮かんでくることでしょう。寄り添う気持ちの一方、違和感も起こるでしょう。ただ、相反する考えや気持ちがわき起こっても、そこにクライエントの希望、可能性を探ろうとするのがカウンセラーだと考えます。

クライエントも同じように、カウンセラーと対面している間、様々なことを感じ、思い浮かべています。この人はわたしのはなしを理解してくれているのか? やっぱり、カウンセリングなんかあてにならんなぁ、とか。


CHECK IT UP CHECK IT CHECK IT UP

JUST WANNA GET YOUR LOVE

CAN'T YOU IMAGINE IT?


互いにそれぞれの思いや気持ちを抱えながら対面している中で、気持ちがつたわるのはどのように起きるのでしょうか?

この人は今こんなはなしをしている、それってどういうことなんだろう?なんでこんなこというんだろう? 今いったのはこういうことなんだろうか?

クライエントの言ったことばを伝え返す、それが CHECK IT UP というのとではないのだろうか?

CHECK IT UPをクライエントは求めているし、想像できる?とカウンセラーに問いかけているのです。

クライエントからの求めや問いかけに応え続けていくことで気持ちがつたわり、温かい場所にたどりつくことができる。それを奇蹟とも呼ぶこともあるでしょう。


そう考えると、2人の間には少なくとも、3つのサイクルがありそうです。

ひとつはことばとことばのやりとり。

ふたつめは、クライエント、カウンセラーそれぞれで、相手や相手のことばを受け止めることで動きだすこころの動き。

みっつめは、お互いのこころの動きが生みだす相手への気持ちがつたわるサイクル。