読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリアコンサルタント学習ノート

キャリアコンサルタントの学習記録

来談者中心療法について

カウンセリングの基礎理論

f:id:amq87:20160910065419j:plain


精神分析も来談者中心療法も、クライエントの理解が治療に結びつくという点で1つにグルーピングすることができる。ただし、そのアプローチは、ぜんぜん違うよね、という確認。

精神分析は原因を探ろうとする。

来談者中心療法は、今、クライエントが感じていることをはっきりとさせようと試みる。

クライエントが、過去の出来事を語っている。その内容を掘り下げていくというよりは、それを今語っているクライエントに焦点をあてる。

共感とは、あたかもクライエントが感じているようにカウンセラーも感じること、と説明されるが、クライエントの語りの中にいるクライエントではなく、語り手としてのクライエントへの共感だろう。